ELECTRIBEの新機種が!だが。

こちらたまに更新すればCGネタ(というかBlenderネタ)ばかりのブログなんだけど、元々興味が向きやすいジャンルとしては趣味としての音楽制作のほうがウエイトが大きくてですね。波はあるんだけどけっこうちょこちょこと機材やソフトウェアを買って遊んでたりします。

で、最近だとiPhoneやiPad用の音楽ソフトが熱くて、その辺の話なんか書いてみたいナーとか思いつつ今回はELECTRIBEの新しい製品の話。

ELECTRIBEといえばある種の人達が反応せずにいられないKORGの名ハードです。僕もELECTRIBEにはけっこう思い入れがあって初代のER-1,EA-1,ES-1を揃えて遊び倒した思い出があり、いわゆる打ち込み系、DTM/DAWにハマっていったきっかけでもあるシリーズなんですね。
そんなELECTRIBEの新製品ということでせっかくなのでまずはこれまでのシリーズを振り返ってみます。

ER1

EA1

ES1

初代ELECTRIBE御三家。上からER1,EA1,ES1

ER-1はリズム、EA-1はシンセ、ES-1はサンプラーとそれぞれ役割がハッキリしてるのが特徴。中でもER-1の音はめちゃ良い。

改めて調べてわかったけどER-1とEA-1が出たのが1999年でこれ書いてるのが2014年なんでなんと15年前とのこと。ES-1はその翌年に出て、さらに次の年にEM-1という機種が出てる。
ちなみに記録メディアが今はすっかり姿を見なくなったスマートメディアてのも時代を感じる。

ともかく自分にはELECTRIBEといえばこの三機種。(というか他のはほとんど使ったことない。)デザイン今見るとちょっと野暮ったいけどツマミの感じ、レイアウト、完成度がすごく高い。
特にER-1は音が良い上にリアルタイムにぐりぐりできるツマミが多くて、いじっていて楽しいしルズムループ作る上で実用性も高い。
ただしジャンルとしての得手不得手はあって、音源強化という意味でもこの後さらなる進化をとげます。

emx
esx

で、数年後出たEMXESX

パッと見でわかるように真空管が入ってる。
音源もVAだけじゃなくPCMとか色々増え、ダンス系にも強くなったり統合環境ぽさが出てくる。(同時期に初代のバージョンアップ版であるmkⅡシリーズも出てますね)

こいつはかなり人気があって後ほどSDカード版とかも出てますから現役感バリバリ。
ただ僕にはちょっとこういった方向の進化はピンとこなかった。
例えると細マッチョだからかっこよかったのにガチで筋肉ムキムキになっちゃって正直ちょっと引いたわ…みたいな感じだった。

ここで一旦ELECTRIBEシリーズの歴史は小休止。そしてユーザーの間ではELECTRIBEシリーズでリアルタイムに「演奏」するというスタイルが盛り上がっていき、youtubeでelectribeと検索すれば山のように色々な演奏をしてる動画が出てくるようになる。
こんなにファンがいるんだからKORGも新しいの出さないかな、と待ち焦がれていたら時代の流れもあってか意外な方向から新しい展開をしてきた。

ielectribe

iPadアプリのiELECTRIBE

出たときにはお~っと思った。中身的にはRの音源、シーケンサーを移植したもので、さらにエフェクトの種類を増やしたりしている。iPadも持っていたのでこれは即購入。

しかし、、ファイルブラウズが楽になったり良いところも色々あるんだけど、やはりツマミがバーチャルになっちゃうのが残念で思ったより熱中できない。やっぱELECTRIBEはハードじゃないとなと再認識した。

ielectribe_gorillaz

ちなみにiPad版でこんなのも出てる。GORILLASがアルバムで使った音が入ってるコラボ版iELECTRIBE

とまあ、ざっくりとELECTIRBEシリーズの歴史はこんなところ。
シリーズ通して基本的にはある程度コスパよく、カジュアルにも楽しめる音楽機材というポジションかなと思います。

ここ数年のKORGはiPad用の製品をかなり本気で出したり、ハードでもmonotribeとかVOLCAシリーズでアナログ音源を乗せたガジェットぽい製品を出したり、ソフト、ハード両面で面白い展開をしてるんだけど、肝心のELECTRIBEは出てなかったんだよね。
そこへきてついに「ELECTRIBE」の名を冠する製品が発表されたわけなんでこれはもう期待せずにいられないわけです。

で、ようやく本題の新しいELECTRIBE、いやelectribeのページをチェック。

……

………

…………
electribe

ジャーーン!これが新しいelectribe! 

…ん?

ほー…

んー…なんか、地味? 地味じゃない?
どうしたの?なんか大人しくなってない?この夏なんかあった?ちょっと背伸びしてない?

と言いたくなるくらい渋めな見た目できました。相変わらず光るとこは多そうだけど雰囲気としてはえらい落ち着きましたね。
名前にはRもAもついてない。無印で「electribe」だけなんですけど自信アリってことかな。
仕様を見るとVAとPCM音源が入ってるぽい。音階などもパッドで入力できるらしいんでRとAが混ざった感じ、つまりEMXを正当進化させた感じ?

価格は54,000円らしい。うーん。これはELECTRIBE好きとはいえちょっと悩ましい価格設定…

例えばだけどこれに1.6万ほど足すとNIのMASCHINE MK2が買えたりする。(2014年9月時点)
さらにいうとEMX-SDも中古市場でよく見かけるが物によっては4万切る価格で買える。
さすがにEMXとの比較だと新しいものを新品で、となるかもだけど、正直NIのMASCHINEとの比較は悩ましい。

MASCHINEなんか単独で使うものじゃないし設計思想が全然違う、別物でしょ、と言われたらもちろんそうなんだけど、いざお財布開くこと考えるとMASCHINEみたいな機材も気になってくる価格帯ではある。こういう迷い方しだすとロクなことないんだけどね。

ELECTRIBEのよい所って光るLEDをたよりに画面なんか見ずにツマミに集中できるとこだから、MASCHINEみたいなタイプの機材とは全然別物なんだよな。
ただKORGもその辺は当然意識してるだろうし、だからこそAbletonLiveと連携させるとか、電池駆動をわざわざ実装してるのかもしれない。
サイズや重量みても、単体で持ち運びいじって遊ぶということが想像しやすいことは確かですね。
あ、そうそうelectribe samplerも同時に発表されてるだった。

electribe_sampler

…見た目変わんね~。

見た目見た目って機材は見た目じゃないだろって話もあるんだけど、ELECTRIBEに限っては重要なのだとこっそり言いたいとこなんですね。

サンプラー部はそこそこのスペック。プラスちょっとVA音源も入ってるっぽい。
発売時期はelectribeが11月でsamplerのほうは来年らしい。へー。こっちはひょっとしてPC側でのサンプル管理、エディターなんかも考慮してくるかな?

なにやら最初のテンションからぐぐっと渋い態度になってしまったけど、ELECTRIBEシリーズがハードとして続くことは本当に嬉しいのです。
ただルックスが思った以上に落ち着いてしまった点と、機能を無難めに固めてきた印象があり、、あとは音次第かなー。ということで期待してる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ELECTRIBEの新機種が!だが。
Share on Facebook

ノーパソにblender1個入れとくと便利かもって話

blenderいいですね。
仕事用のノートパソコンはもっぱらドキュメント類専用で、autodeskだとかadobe系のソフトとかも入れてないし、ライセンスの絡みで入れづらいのもあったりで、まあその辺割りきって使ってるんだけど、blender1個入れとくとちょっとした作業に色々便利じゃん!と感じた話。

3Dモデルのビューワーになる

そりゃそうだ。ビューワーは他にもあるし別になんてことないんだけど、そこそこフォーマット対応してるしササっと見れるのでなんか見る、見せるって時に便利。

標準で対応表記されてるフォーマット:3D Studio (3DS), COLLADA (DAE), Filmbox (FBX), Autodesk (DXF), Wavefront (OBJ), DirectX (x), Lightwave (LWO), Motion Capture (BVH), SVG, Stanford PLY, STL, VRML, VRML97, X3D.

ビデオ編集もできる

blender内のVSE(VideoSequenceEditor)でムービーや静止画を読み込んでシーケンスが組める。
簡単といってもアルファ抜きできたりワイプ入れたりそこそこの編集がサックリできる。
簡易でいいなら編集ならmacのiMovie(←これはあなどれない)でもwinのムービーメーカーでもいいんだけど、blenderのVSEもなかなか使いやすい。
あとVSEで組んだときの利点として3Dビューのタイムラインが同期するので、例えばVSEでVコンテ見ながら3Dビューでアニメーションのタイミングはかるとかその逆とか、そういうこともできそうかなと思う。
3DandVSEview
上から3Dビュー、VSE、タイムラインの表示。時間軸が同期するのでこれはこれで使い道あり。

画像や動画のコンポジットもできる

ノードベースでコンポジットできるそしてソースは任意の静止画やムービーでもいける。
ノードの組み方はそれなりに複雑な事ができるし慣れがいるけど、シンプルに色調調整したり少しエフェクト入れるくらいなら簡単にできる。
あと色調の調整やらもカーブでいじれたりその辺はそれなりに追い込める機能を持ってる。

 

ということで

書いてみるとえ、そんだけ?って内容的には若干尻切れトンボだけど、
特にblender使いじゃなくても1個ノートパソコンに忍ばせておくとけっこう便利かもねという話でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ノーパソにblender1個入れとくと便利かもって話
Share on Facebook

ANKERのモバイル用バッテリー

ずっとSANYOのモバイルブースター使ってたんだけどさすがにへたって来たかなと感じてたので、ここ最近名前をよく見かけるようになったANKERというメーカーの製品を買ってみた。

ANKERのモバイル向けバッテリーは「Astro Mシリーズ」、「Astro第二世代シリーズ」、「Astroミニシリーズ」、「Astroスリムシリーズ」というラインアップ。この中でAstro第二世代シリーズには他にない特徴としてPowerIQという機能が搭載されていて、充電したい機器に合わせて自動的に最適な電流を送ってくれるらしい。
なんか便利そうなのでこの機能がある第二世代シリーズの中から選ぶことにした。

で、第二世代シリーズの中にも3タイプあってそれぞれ

名前容量重さサイズ
Astro312000mAh約300g111 x 83 x 26mm
Astro29000mAh約250g106 x 64 x 25mm
Astro6000mAh約135g93 x 46 x 25mm

主に容量違いによって大きさと重さが3種類となっている。
またアマゾンで検索すると一番小さいタイプのは黄緑色と黄色のかわいい色違いもあるみたい。ANKER公式にはこの色違いのことが載ってる箇所が見当たらなかった。

自分の目的は普段カバンに入れてiPhoneとWimaxのルーターを充電したい時がたまにあるかな、くらいなので一番小さいのでいいかと思ったけど、宿泊先のホテルで寝てる間に充電しておきたいが、1個ずつしかできないので放置できなかった、みたいな事が過去何度かあったのを思い出しUSBが2つついてるやつにした。

ポチった翌日すぐ届いたので開封。(写真は大きくなりません)

ANKERM2_01

スッキリした梱包で好感が持てる。

ANKERM2_02

箱にANKERのロゴがぽつんと印刷されてる。

ANKERM2_03

箱を開けるとPOWER IQのポップが入ってた。説明書関連もデザインがしっかりされてるイメージ。

ANKERM2_04

中身は本体、ベルベット地の袋、MicroUSB-USBのケーブルが1本。バッテリーを入れられる袋は中側がメッシュ素材、外側はベルベット地とけっこう凝ってる。そして本体がマットな手触りのいい質感で、バッテリーなんかどんな見た目でもいいわと思ってたけどなんかちょっと所有欲が満たされる感じもある。

ANKERM2_05

本体の大きさは単3電池2本縦に並べたくらい。iPhone5とちょうど重なるくらい(縦はちょっと短い)。厚みはiPhone5の3倍くらい。

ANKERM2_06

本体充電用のMicroUSBと、PowerIQ対応のUSBが2口。

ANKERM2_07

インジケーターはLEDのリング状に表示される(10段階)のでそれで確認する。

1個残念なのは本体に物理的なボタンがないこと。充電開始やインジケーターの表示は本体を振ることで行う。正直これはわかりにくいし扱いづらい点に感じる。その他は特に気になる点はなし。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ANKERのモバイル用バッテリー
Share on Facebook

blenderAddon「viewmenu」

良さ気なアドオンがあったので入れてみました。

アドオン名:ViewMenu
機能:ビューの切り替え、分割、結合が行えるポップアップメニュー
配布場所:blenderartistsのスレッド

内容的にはシンプルですがビューポートの分割、結合がクリックでできるのが良いです。
僕はblenderデフォルトのドラッグしてくっつけたり分割したりする操作がいまだになじめないので‥
あと3Dビューの視点変更をマウスジェスャー的にできるようにした→4面分割が必要なくなってきた→キーマップのスペースバーが余ってる
という事もあって試しにアサインしてしばらく使ってみようかと。

使い方はマニュアルいらずというか動画見ればすぐわかりました。
YouTube Preview Image

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - blenderAddon「viewmenu」
Share on Facebook

blender(2.7~)カスタマイズメモ

完全に自分用のメモになるけどBlender2.7以降をベースにカスタマイズしたとこを記録していきます。なにか変えたら随時更新用。

[ カスマイズ注意点! ]
*必須アドオンはオンにしてからショートカットキーをいじる(ショートカットキーをアサインするものもあるため)

 

ズームをカーソル中心で
場所:設定のInterfaceタブ

・ZoomToMousePositionにチェック

右クリック選択を左クリックに
場所:設定のInputタブ

・Select WithをLeftに変更
*SelectKey=LeftになるのでLeftkeyを使った機能に注意が必要。

ズームを横ドラッグか縦ドラッグに切り替え
場所:設定のInputタブ

・ZoomStyleをHorizontalに変更

ビュー操作をMayaライクに変更
場所:キーマップ

3D view → 3D View(Global) → Rotate View
Alt Left Mouse に変更
*3D view → Mesh → LoopSelect と重複するのでこっちは切るよう注意!(Shift Alt Selectkeyにも割り当てあるので切っても大丈夫)

3D view → 3D View(Global) → Move View
Alt Middle Mouse に変更

3D view → 3D View(Global) → Zoom View
Alt Right Mouse に変更

3Dビューの1画面と4画面をスペースバーで切り替え(現在は無効)
場所:キーマップ

Screen → Screen(Global) → Toggle Quad View
  Spacebar  に変更

スペースバーでビューポートの縦横分割、融合、各ビューへの切り替えメニュー表示
Addonのviewmenu導入が必要
場所:キーマップ

Screen→Screen(Global)→Addnewして

コマンドは”wm.call_menu”

キーはSpacebar

Nameは”View_Custom_Menu”

デフォルトでスペースバーに割り当てられてる検索メニューのマップ変更
場所:キーマップ

Window → Search Menu
Ctrl Alt Q に変更

メッシュ編集時にキーボードの1,2,3キーで頂点、辺、面モードの切り替え
場所:キーマップ

3D view → Mesh → Addnewして
none を ”mesh.select_mode”
Press を 1
Type を Vertices

3D view → Mesh → Addnewして
none を ”mesh.select_mode”
Press を 2
Type を Edges

3D view → Mesh → Addnewして
none を ”mesh.select_mode”
Press を 3
Type を Faces

スカルプトモード時にClayStripsとPolishブラシをショートカットキー割り当て
場所:キーマップ

3D view → Sculpt → Addnewして
none を ”brush.active_index_set”
Press を S
Mode を ”sculpt”
Number を 3
*Numberはブラシプリセットの降順番号なので変わる場合あり。この場合はClay Stripsブラシ

3D view → Sculpt → Addnewして
none を ”brush.active_index_set”
Press を D
Mode を ”sculpt”
Number を 13
*Numberはブラシプリセットの降順番号なので変わる場合あり。この場合はPolishブラシ

ビューポートでマウス中ボタンによる各方向ビューへの切り替え
Front/Left/Right/top/Bottom/Pers/Cameraをジェスチャーで切り替え可能にする。
場所:キーマップ

3D view → 3D View(Global) → Addnewして
コマンドは”view3d.viewnumpad”
オペレートは”Middle” “Click”
Shift Altにチェック
Viewは ”Front” に

同じような設定で以下のようにする(全てShift+Altにチェック)
Back = “Middle” “Double Click”
top = “Tweak” “Middle” “North”
bottom = “Tweak” “Middle” “South”
right = “Tweak” “Middle” “West”
left = “Tweak” “Middle” “East”
camera = “Left” “Double Click”

CUDAの設定
場所:設定のsystemタブ

ComputeDevice → CUDAを選ぶ

T,Nパネルを半透明に
場所:設定のsystemタブ

Window Draw Method → “RegionOverlap” にチェック。
T,Nのパネルを半透明に。

[ その他設定 ]
・カメラビューで見たまま調整する時はプロパティパネル(N)のView → ”Lock Camera to View” にチェック
・クアッドビュー時はプロパティパネル(N)のDisplay → ToggleQuadViewのとこにある”Lock”と”Box”をチェックで3面図が連動

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - blender(2.7~)カスタマイズメモ
Share on Facebook