ANKERのモバイル用バッテリー

ずっとSANYOのモバイルブースター使ってたんだけどさすがにへたって来たかなと感じてたので、ここ最近名前をよく見かけるようになったANKERというメーカーの製品を買ってみた。

ANKERのモバイル向けバッテリーは「Astro Mシリーズ」、「Astro第二世代シリーズ」、「Astroミニシリーズ」、「Astroスリムシリーズ」というラインアップ。この中でAstro第二世代シリーズには他にない特徴としてPowerIQという機能が搭載されていて、充電したい機器に合わせて自動的に最適な電流を送ってくれるらしい。
なんか便利そうなのでこの機能がある第二世代シリーズの中から選ぶことにした。

で、第二世代シリーズの中にも3タイプあってそれぞれ

名前容量重さサイズ
Astro312000mAh約300g111 x 83 x 26mm
Astro29000mAh約250g106 x 64 x 25mm
Astro6000mAh約135g93 x 46 x 25mm

主に容量違いによって大きさと重さが3種類となっている。
またアマゾンで検索すると一番小さいタイプのは黄緑色と黄色のかわいい色違いもあるみたい。ANKER公式にはこの色違いのことが載ってる箇所が見当たらなかった。

自分の目的は普段カバンに入れてiPhoneとWimaxのルーターを充電したい時がたまにあるかな、くらいなので一番小さいのでいいかと思ったけど、宿泊先のホテルで寝てる間に充電しておきたいが、1個ずつしかできないので放置できなかった、みたいな事が過去何度かあったのを思い出しUSBが2つついてるやつにした。

ポチった翌日すぐ届いたので開封。(写真は大きくなりません)

ANKERM2_01

スッキリした梱包で好感が持てる。

ANKERM2_02

箱にANKERのロゴがぽつんと印刷されてる。

ANKERM2_03

箱を開けるとPOWER IQのポップが入ってた。説明書関連もデザインがしっかりされてるイメージ。

ANKERM2_04

中身は本体、ベルベット地の袋、MicroUSB-USBのケーブルが1本。バッテリーを入れられる袋は中側がメッシュ素材、外側はベルベット地とけっこう凝ってる。そして本体がマットな手触りのいい質感で、バッテリーなんかどんな見た目でもいいわと思ってたけどなんかちょっと所有欲が満たされる感じもある。

ANKERM2_05

本体の大きさは単3電池2本縦に並べたくらい。iPhone5とちょうど重なるくらい(縦はちょっと短い)。厚みはiPhone5の3倍くらい。

ANKERM2_06

本体充電用のMicroUSBと、PowerIQ対応のUSBが2口。

ANKERM2_07

インジケーターはLEDのリング状に表示される(10段階)のでそれで確認する。

1個残念なのは本体に物理的なボタンがないこと。充電開始やインジケーターの表示は本体を振ることで行う。正直これはわかりにくいし扱いづらい点に感じる。その他は特に気になる点はなし。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。