Gmailだって無限ではない

Gmail使ってる人ってどれくらいいるんでしょうね。2004年からサービススタートしたらしいんで8年経ってるんですね。日常的に使うせいか意外とまだそんなもん?という気がします。いつくらいから使ってたんだっけと最初のメールを確認すると2006年の頭からでした。最初は抵抗があったけどオンラインストレージが増えたり手持ちのネット端末が増えたりするうちにGmailの使い方も変化して、いつの間にかメールチェックはまずGmailでというスタイルになってました。メールが増えすぎてわかんなくても検索すればいいじゃないクラウドだもの、というちょっとクラウドの定義が怪しい感じで何年も使ってきました。…が、先日驚愕の事実が発覚しました。 いつものようにGmailを使ってると下の方の容量のところになにげなく「10GB中の6GBを使用しています」との表示が。ふーん6GB…え?6GB使ってるの!?

今まで余裕ぶっこいてましたがいつの間にか6GBも使ってるなんて意味がわからない…慌てて調べてみたら、バックアップの一種として拾っていたとあるMLにて添付ファイルのやりとりが激しく行われいたのが原因でした。1件1件は大きくないけど見事に積もり積もってました。とりあえず幽霊部員状態のMLは抜け、反省の意味もこめGmailを整理することに。

添付ファイルで膨張してた分はごっそり減って使用サイズは200MB程度になりましたが、メール総数は余裕で4桁超えてます。長年溜め込んでるんだからこの際オンライン上のデータももうちょっと減らして気分的にスッキリしたい。。Gmailのバックアップ自体はこれまでもしてますが、今回の整理整頓では「バックアップしたメールも簡単に検索できる」という条件をつけました。以下やったこと。

1: メインのメーラーThunderbirdでGmailのIMAPを設定する。

IMAPの設定はThunderbird上でGmailのアカウントを追加してやればほとんどなにも考えずにOKでした。(登録前にGmail側でIMAPをONにしておくこと)(*いきなりThunderbirdが出てくるのは訳があって、Thunderbirdでアドオンを使ってバックアップしたかった為です。Gmailと連携をするとかは今回考えておらずいわばバックアップツールとしてThunderbirdを使ってます。)

2: Thunderbirdにバックアップ用アドオンを追加

ImportExportToolsというアドオンをインストール。色々なフォーマットでメールのインポートエクスポートができ、きれいにアウトプットしてくれます。インポートは試してないけど今回はエクスポートがきれいにできればOKということで。

3: Gmailから引っ張ってきたメールをラベル別にエクスポート

ThunderbirdでGmailの内容を見るとGmailのラベルがそのままフォルダ化されてます。後はフォルダ単位でエクスポートをしていきます。アドオンのデフォルト設定のままeml形式で出力してみると、フォルダが作られその中に各メールが「日付+タイトル.eml」という書式で書きだされます。さらにindex.htmlが吐き出され、各メールへのリンク付きタイトル、差出人と受取人、時刻含めた日付がHTMLの表として出力されます。

以上の手順で中身が探しやすいGmailバックアップデータの出来上がりです。今回はバックアップのための作業用ラベルも作りました。日付括りのバックアップが取りたかったので以下の様なやり方で集約させました。

*バックアップするメールを時系列で絞り込みたい場合

・Gmailでは

「After:yyyy/mm/dd Before:yyyy/mm/dd」という書式である日付の範囲絞込みができます。例えば「after:2011/1/1 before:2010/1/1」と検索窓に入れれば2010年~2011年のメールがリストアップされます。それを全部選んでラベルをつけてやれば2010~2011年のメールのみのラベルができます。(*一見検索結果が少なく表示された場合はチェックボタン「すべて」を選んでから「この検索条件に一致するすべてのメッセージを選択」をクリックで検索結果が全て選択された状態になります)これをThunderbirdで見るとフォルダとしてまとめられてるので時系列で分けたメールのバックアップができます。

・GmailじゃなくThunderbirdで振り分ける

Gmailからの取得がまるごと来ている状態なら、Gmailでラベル作らずともThunderbird上で絞り込んでバックアップすればOKです。「編集→検索→メッセージを検索」(Ctrl+Shift+F)で詳細な検索設定を出して条件設定。それを「検索フォルダとして保存」すれば条件で絞りこまれたメールがリストされたフォルダが出来上がります。そいつの中身をごそっとバックアップしてやればOK。例えば日付の絞込み+星付きという条件ならこんな感じ。

 

他にもアイデア次第で色々なバックアップのやりかたがあると思いますが、とりあえず今回はこれで目的を果たせたのでOK。

それにしてもThunderbirdは今後機能追加を行わなくなるという話もあり残念です。Windows/Mac両対応でこれだけ使いやすく見やすいメーラーもそうそうないような気がするし。


ブラウザでスケッチ(chromeアプリ)

ブラウザベースのアプリもどんどん増えてきてますね。 僕はChromeを使ってるのでChromeWebStoreで探すことが多いです。 会社ではWindows、自宅ではMacなのでそういった意味でもブラウザベースで動かせるソフトウェアはありがたいです。 色々なWebアプリがありますが僕は簡単な写真の編集や文章書きに使うことが多く、 その中でも画像編集系は出来の良いもの、個性的なものが多い気がします。 スケッチ用にいいんじゃないかと思ってるものをいくつか紹介します。(*どれもwebアプリなのでメジャーなブラウザなら動くと思いますがchromeでしか確認してません。中には動作環境を選ぶものもあるかも?)

Harmony

一番気に入ってるペイントアプリです。面白くて刺激のあるブラシが最高です。 今ではこの手のブラシを使ったペイントソフトをよく見かけるようになったんですが、僕が最初に知ったのはこのHarmonyでした。 最初に使ったときは感激して何時間も絵(というか模様のようなもの)を書き続けました。機能のシンプルさもまさにスケッチ向きです。 どのようなブラシがあるのか、アプリ名のリンク先ですぐ試せますが一例はこのムービーでわかると思います。

鉛筆やボールペンで意味のない落書きをついしちゃう人は惹かれるんじゃないでしょうか?僕がそうなんですが。 逆に言うと計画的な?スケッチには向いてないかもしれません。なにげなく描いた描線からインスパイアされることが多く、目的のないアイデアスケッチ向きなツールだと思います。 ブラシの種類もそこそこあって何種類かで落書きしたのがこれです。

ハッキリいってこれで適当に描いてるだけでもそれっぽい絵になっちゃいます。もちろんあーあの手のブラシ使ってるのか、と一発でわかるんですが。 なにかそれっぽい背景が欲しいとかメインモチーフじゃないけどなんか足したいとか、形が定まらないとかイライラするので落書きしたいとか、 とにかく色々な用途で手助けになるナイスなアプリだと思います。 ちなみにChromeのWebStoreではブラシの種類が増えてるバージョンもありました。

InspirARTion

Harmonyと同じようなブラシがあります。こちらもシンプルなインターフェイスでHarmonyに似ています。

こんな感じで手軽にスケッチができます。 これならHarmonyでいいじゃんとなるんですが、こちらのアプリは「ミラー機能」があるのが大きな違いです。 水平、または垂直にシンメトリー化できて(水平+垂直や、さらに斜めを足した万華鏡状態も可能)僕はこの機能がお気に入りです。ペイント系のソフトでもリアルタイムに効くのは意外とないんですよね。例えばこういう感じのスケッチをするときは試行錯誤がしやすいです。ただひとつだけ問題があって、作業中の絵がたまに消えてしまうんです。ウインドウを動かしたときに起こりやすいんですが不安定さがあります。

キャラモデルをする人は実際はもっと色んな角度からのスケッチをすると思いますが、装飾的な部分のアイデアスケッチとしてはシンメトリー機能は便利です。かきこめばそのまま正面からのテクスチャにもなりますし。

sumopaint

多機能なペイント系アプリです。なぜ相撲なのか謎ですがいわゆるphotoshop系。プロ版にするとさらに多機能になるみたいですがフリーの状態でも基本的なことはできると思います。正直この手のphotoshopライクなのは他にもたくさんあってそれこそ本家も出してたりするので選択肢は多そうです。

psykopaint

ちょっと独特な感じのアプリです。ペイント系というより画像をブラシやフィルターを使って加工する機能が充実してます。さらにソーシャル機能が強くてユーザーの作った絵がアップロードされまくってます。実はこのアプリ昔のバージョンだとかなりの種類の面白いブラシがあってペイントソフトとしてなかなか良かったんですが、今は基本的なブラシだけが最初から使えてその他のブラシは”psykocoin”というのを消費してアンロックする必要があります。psykocoinはお金を払ってもらう以外にも自分の絵が他の人に見られた回数や誰かを招待した場合なんかにももらえるようです。ちなみにブラシやレイヤー使えるオプションなど全部入りで1,200円くらい。ブラシは面白いしUIもグランジ風味で楽しいんですが、今回紹介した中では一番動作が重いかなとも感じます。描くときにちょっと引っかかりが出やすくて、惜しいとこです。

何年か前まではブラウザのアプリなんて重くて使えたものじゃなかったんですがプログラムもずいぶんと軽くなったのか実用的なとこまできたなという印象です。 レイヤーをたくさん使ったり解像度が高いものは難しいかもしれないですが、逆にこれらアプリにしかない機能(個性的なブラシ等)もあったりするので単体アプリとして売りだして欲しいくらいです。 ちなみにiPadにもペイント系アプリはたくさんありますがZenBrushという水墨画っぽく描けるアプリが素晴らしい出来です。井上雄彦さんが使っていて有名ですね。これもとても気に入ってます。
webアプリとしてはHarmonyが一番よく使ってます。本当は同じようなブラシがあり、シンメトリーも使えるInspirARTionが一番使いたいんですが上に書いたとおり若干不安定なので。ChromeWebStoreを見てると他にもすごい数のWebアプリがあります。今回はペイント系でしたが他ジャンルも面白いものが色々あるので機会があれば紹介したいです。


iPhoneで動画撮影2

僕のiPhoneで1ページ目に置かれてるのはFiLMiCProですが、iphoneには他にも面白い機能を持った動画撮影アプリがいくつもあります。 ビデオの撮影専用でなおかつなんか面白そうと思ったものは試すようにしているんですが、その中からいくつか紹介を。

 

8ミリカメラ 1.5(¥170)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
現在の価格: ¥170(サイズ: 2.8 MB)
販売元: Nexvio Inc. – NEXVIO INC.
リリース日: 2010/12/23

App

なんちゃって8mmフィルム風アプリ。このタイプのレトロフィルター系アプリは他にもいくつかありますね。 映画のsuper8に絡めて出されたsuper8というアプリもUIのグラフィックが凝っててキャンペーン用のアプリにしてはずいぶんしっかり作ってるなと思いました。 でこの”8ミリカメラ”はいわゆる8mm風なモードだけじゃなくフィルタ7種類ー✕フレーム5種類の組み合わせが可能です。 フィルタのほうは白黒からクロスプロセスっぽいの、フィルム傷の表現なども入ったりして使い勝手のよいのがほどほどに入ってる感じ。 フレームは周辺光量落ちのや赤と青の色味がちょっとずれて見える変わったものなど。 1画面でさっと組み合わせできるので、パッと撮って遊ぶのに向いてるとおもいます。

Toy Clip 1.5(¥85)

カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥85(サイズ: 2.3 MB)
販売元: Salamander Factory Co.,Ltd. – Salamander Factory
リリース日: 2010/12/11

App

けっこう前からあるアプリですが写真で一時期流行った”周辺を極端にぼかすことでミニチュアのように見える”現象を動画で撮影できるアプリです。 ボケ部分の指定はできないのだけど再生速度の早回し用撮影ができて、早回しで見るとミニチュア感がより増します。 検索すると他にもたくさん出てきますね。 一発ネタなとこもあるけどちょっとしたクリップ作りには良いのではと思います。
以前テスト撮影した動画が残ってたので載せておきます↓

iMajiCam Pro — Realtime video effects 1.7.1(無料)

カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
現在の価格: 無料(サイズ: 4.1 MB)
販売元: Ayena LLC – Ayena LLC
リリース日: 2010/11/10

App

これはちょっとアホっぽくていいです。言い方悪いけどちょっとキワモノ、とりあえず思いついたの色々入れたぜ的なアプリ。ただフィルターの中のいくつかはあれ?なんかオシャレ映像作りに、なんか使えそうじゃない?みたいなのもあって案外実用度も高いのでは。ないかな。。まあ個人的にはこういうの好きですね。
説明に”42 effects and filters – 7 warp, 25 color, and 10 filters.” とある通りてんこ盛り。しかもワープ/ディストーション系x色調系xフィルター系と重ねられるので組み合わせによっては元映像がめちゃくちゃになってわーサイケなことになります。 有料だけど広告表示のある無料版もあります。(メモリ食いなのかアプリ落ちが時々起こったりもするのでまずは無料版がおすすめかも。) ↓オフィシャルのサンプル。

Luma Video Camera 1.6.2(無料)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
現在の価格: 無料(サイズ: 2.6 MB)
販売元: elyxa – Elyxa
リリース日: 2011/03/31

App + iPhone/iPadの両方に対応

これといって特徴のないアプリに見えるけど実はこれ強力な手ぶれ補正機能がついてます。 手ぶれ補正をONにすると画面がちょっとトリミングされます。どういう仕組かはわからないけど確かに手ぶれはかなり補正されます。 最初使った時は「おお!?」と声が出るくらい補正してくれます。 iPhoneで動画撮る時に一番やっかいなのがこの手ぶれだと思うので、それが劇的に改善されるこのアプリは実用度かなり高いです。 ただ個人的にはソフトウェアでの手ぶれ補正の効きかたがちょっと独特な感じがして、画質優先でFilMicProを使いたい感じですが、普段使いのビデオカメラとしてかなり良いのではと思います。↓以下オフィシャルのサンプル

Luma 2.0 from midnox on Vimeo.

SloPro 1.0(無料)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 4.2 MB)
販売元: Sand Mountain Studios – Sand Mountain Studios, LLC
リリース日: 2012/04/26

App

最後はみんな大好きスローモーション動画が撮れるアプリです。 60fpsで撮影して1/15や1/30で再生するという感じと思いますがお手軽にスローモーションが楽しめるので素晴らしいです。 スローモーションってだいたい動いてるものはなに撮っても面白かったりするんで定番のスポーツ撮影なんかに限らず居酒屋で酒のんでるとこ撮るだけでも笑いが起きそうな気がしますね。 唯一の難点はiPhone4Sでないと使えないところ。けっこう限られてしまうかなという気も。 あ、あと無料だけどアドオンで170円払うと以下機能が追加されます。
  • Remove Watermark • Export to Camera Roll • Export Raw 60fps • Email videos
ウオーターマーク入っちゃうんで実質170円アプリと考えたほうがいいかな。
↓オフィシャルの紹介ビデオがわかりやすいです。

以上いくつか紹介しましたが一般的な用途だとLumaがまずオススメ。遊びに行ったとこで軽くビデオ撮りたいみたいな時に手ぶれをがっつり抑えてくれるのはなによりありがたい。 次点でiPhone4S限定ですがSloPro。これもスローモーションはとにかく楽しいですから。あとはキワモノ的にiMajiCam。適当にフィルターかけて80’sな香りのする映像が作れそうな…。


細々とあれこれ試しながら使ってきたevernoteの使い方がようやく固まってきた。

ネットでもよく話題になるevernoteの整理術、自分なりの使い方が固まってきたので記録。

自分の場合使い始めから最初の挫折までがわりと早かったです。最初のつまづきはインターフェイスの重さと取っつきにくさで、これは実は今でも引っかかってる点。なんかよくなってく気配もないのでもういいやと諦めてます。ちなみにMAC版のインターフェイスはWindows版よりずっと良いように感じます。

次にハマったのがこれはみんな陥りやすいであろう、ノートの分類について。タグだけつけときゃなんとかなるというのが苦手なんで、ノートの分類が大事になって悩みました。大分類の下に子ノート群という形に落ち着いたけど、最初の頃はトップレベルの大分類があまり増えないように考えすぎて、結果としては目的のノートにたどり着くまでの手順が増えがちでした。

んーこれはこの分類の、、ここらにノートを作って、、、とまごつくばかりで、ここらへんでなんかもう使いたくないな…という気持ちになってきます。evernoteに放り込む作業それ自体が億劫になって使う頻度が増えないんですね。日常的にサクっと使うというレベルでは自分のGmailにメールするという手法のほうがよほど馴染んでいました。並行してweb系のクリップを楽にするためのブックマークレットやiphoneとの連携など、evernoteを活用すべく色々やってはきたんですが。

んでこれらの試行錯誤を経て、いくつかの気づきがありました。

1.ノートの分類はあまりこだわらないほうがいい

ノートをきれいに整理しようと思って分類すればするほど、evernoteに投げるとき、または仕分け作業が面倒になります。後で探すのが面倒になるのとノートする作業が面倒になるのを秤にかければ、ノートするスピードを優先したほうがよい。普遍的な分類はあっても結局その中身はごちゃごちゃになるし。

2.その時々のテーマでノートの入れ物を作る

わかりやすい分け方ができないテーマについてはいきなりトップレベルにそのテーマ用のノートを作ってしまいます。例えば最近だと”撮影”というノートを作りました。これを置く親ノートは”仕事”、”映画”、”写真”これらのどれでも置き換え可能なテーマです。ただ関心が強い時期はしょっちゅうネットで情報を探したりアイデアを考えたりするので、そういうのを自分のトレンドとしてトップレベルに置いてしまいます。熱が冷めたら中身まるごと”撮影”のタグをつけて放置するか、それぞれのジャンルに寄った親ノートに仕分けするかします。

どっちもそりゃそうだという話なんですけど、慣れるまではこれを自分に言い聞かせる必要があったんです。そうまでしてevernoteを使い続けようと思った理由はマルチプラットフォームで同期でき実績もあるので連携がとりやすいことが一番です。

実際どういう使い方をしてるか。

WEBのクリップはこんな感じでやってます。

1.ChromeにClearlyを入れる。

Clearlyは表示してるページを整形しなおしてくれるChrome拡張です。ブログ記事なんかは広告も多いので本文のみ取り込みたい時などに便利です。evernoteにクリップするボタンもついてるのでとても便利で、今はもう必須になってます。

2.クリップしたいページがあったらClearlyで整形→evernoteにクリップ(クリック2回で終わり)

ページ全体をクリップしたい時はevernoteの機能拡張から投げますが、ポチ、ポチ、で終わるのでだいたいClearly経由が多いです。

3.Clearlyでクリップしたものがindexに溜まってるのでevernoteを同期して整理。

evernoteの機能拡張を使えばどのノートに投げるかも指定できますがまとめて作業したいので。ただし溜めすぎずその日のうちにやるようにしてます。

4.資料化したいものが溜まったら置かれてるノート全部選んでバラのhtmlでエクスポート。

仕事の資料作成の時なんかはネットでザクザク集めたのをまとめてindexつきで出せるので重宝しています。この時に改めて整形したりもします。

あとevernoteとよく連携させるのはiphoneアプリのGeniusSan+です。

Genius Scan+ – PDF Scanner 2.3.2(¥250)

カテゴリ: ビジネス, ユーティリティ
現在の価格: ¥250(サイズ: 7.5 MB)
販売元: The Grizzly Labs – The Grizzly Labs
リリース日: 2010/12/16

App

 

定番アプリですね。写真メモに便利で、evernoteに送る機能が最初からついてるんでよく使います。

あとは自分で直接タイプするノートとか、画像収集くらいで、変わった使い方やカスタマイズに凝るということは特にないんですけど、性格的にも多機能な手帳よりシンプルなものが好きなのでこれくらいがちょうど手になじむ、という感じに落ち着いてきました。


未来のマウス

YouTube Preview Image

ムービー見る限りすごいですね。マイノリティリポートやアイアンマンに出てくるようなUIがすぐ出来ちゃいそう。

いらないウィンドウを手ではらいのける仕草とかめちゃくちゃやりたい。イヤなメールをギュッと掴んで後ろに放り投げるとゴミ箱に飛んでいくとか!

ただこういうのって、細かい操作をしたい時にストレスがためるような気もしてきます。

gizmodoの記事を読む限り1/100mm単位で動きを認識するらしいんだけど、読み取る側より動かす側の問題が大きそうな。

ビデオカメラで映像を撮る時なんかに実感しますが、手をブレさせずにきれいに動かすのって相当な難易度だよね。

まあそこらへんは触覚のフィードバック技術の発展に期待したいです。やっぱ抵抗や摩擦が欲しいですね。