iphoneで動画撮影1

iPhoneのカメラアプリは大量にあるんですが、動画撮影専用となるとさすがに数が少なくなります。写真カメラアプリに動画撮影モードがついていればそれでよいとも言えるんだけど、せっかく動画撮影のスペックもよくなってきてるんで動画に特化した専用アプリがもっと増えてくれたらいいのになと感じます。

ただ少々少なめに感じるとはいえ、動画に特化するだけあって動画専用アプリの中には濃い目なアプリがちらほらあったりはします。いくつか試した中で僕が今一番気に入ってるのはFilMicProです。

FiLMiC Pro 2.5.2(¥350)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥350(サイズ: 7.4 MB)
販売元: Cinegenix, LLC – Cinegenix, LLC
リリース日: 2011/05/15

App

ss1

 

このアプリの特徴を挙げていくと

・独自のエンコーダーを搭載している。

Apple標準のエンコードも使えますが(最大12Mbps)、このアプリは独自エンコーダーを搭載してるのが一番の特徴です。

”FilMicQuality”(最大16Mbps)

”FilMicExtreme”(最大24Mbps)

という2つのモードを別に持っています。ビットレートの違いから単純に画質は上がると考えてよいかと思いますが、一番クオリティの高いExtremeで撮影するとあっというまに容量を食っていくので注意が必要なのと、FilMicエンコーダーを使った撮影は30fpsでは撮影できない点も注意が必要です。このあたり動画品質を上げることを目指し、なおかつfpsは24を基準として考えているような、アプリの目指した方向性を明確に感じます。名前もFilMicだしフィルムでの撮影シミュレートを相当意識しているのかなと。

・カラーバーやカチンコ機能がついている。

これもやや専門的な機能ですね。カラーバーもカチンコもより厳密な時間管理と色管理に使用されるわけで、より本格的な撮影を想定した機能かと思います。そこまでするなら専用機材使うし、、ということも言えるけど、iPhoneでここまでやっちゃおう的な発想は逆にアマチュアリズムを刺激してくれるようなとこもあってその意気込みがすてきです。

・動画のFPSを選べる

iPhone動画を撮るのに通常は気にするようなとこではないと思いますがここもやたら細かく設定できます。

fpsとは”Frames Per Second” つまり秒間何フレーム使って動画を撮影するかを表すもので、例えば1fpsなら1秒間に1枚だけ撮影するのでほとんどスライドショーみたいになります。容量や動きのスムースさに関係しますが一般的なビデオ撮影なら30fpsが多いと思います。FilMicProは(一般的な30fpsも使えるけど)アプリとして映画と同じ24fpsで撮るというところを意識しているんだと思います。1~25まで1ずつ全てのfpsが使えるのはもうちょっとざっくりしててもよいのでは、とは思いますけど。

その他にもフレームガイドとして4:3や16:9の他に2.35:1が用意されていたりする点も見逃せないです。2.35:1はいわゆるシネスコ比率なのでこれもやはり映画を意識したフレームですね。super35というマットも用意されてますけどこれも映画の世界でのフレームの考え方を適用しています。

そんな本格志向なアプリなので当然フォーカスロック、露出のロックは備わっています。ホワイトバランスも固定できますね。

実は機能の種類だけでいうとalmostDSLRというカメラアプリのほうが豊富ですが、こちらはiphoneに一眼のレンズつけちゃおうぜ的な用途に向けて作られてるアプリで、方向性はだいぶ違うものかと思います。そっちの話も興味はあるんですがまた別の機会に。

FilMicProはきれいな絵が撮れてアプリの安定度もあるし、インターフェイスもスッキリしていています。ネタ的な面白さはないですが地味ながら本格志向なFilMicProは総合的に一番オススメしたい動画撮影アプリです。


Huluいいかも

Huluという動画配信サービスを試し中。

image

元々このサービスには確か日本で開始したと同時くらいに入ったんだけど、その時はいまいちに感じてすぐにアカウントを凍結していました。その後しばらく存在を忘れていたんだけど、月額980円になったとかでメールが届いたとき、そういえば最近はPS3のオンラインストアで映画をレンタルする回数が増えてきているし、もう一度試してみようと凍結アカウントを解除。

映画コンテンツについては以前と印象はあまり変わらず、正直ちょっと物足りないというか、980円で見放題、というサービスの性格を考えると「まぁこんなもんかな」という印象。しかし今回はいいかもと新たな発見がありました。現時点での感想でいくとこんな感じです。

Huluのよいところ

・視聴期限を気にせず見たい時に再生できる

・(iPhoneアプリ、PS3用ソフトウェアなど)手持ちの周辺機器を生かしてどこでも見れる

Huluのいやなところ

・映画は新しい作品があまりない

・そもそもコンテンツ数が少なく感じる…

・どのタイトルの配信がいつ終わるのかわからない

・月定額は見なきゃ損という変な意識が出ないか心配

 

Huluは海外ドラマに力を入れてるようで、けっこうな量のシリーズものを揃えているんですね。こういった続き物のドラマはダラ見したいのに視聴期限があったりするとプレッシャーがけっこうなストレスになる。Huluの場合は月額980円で配信中のものはいつでも気軽に見れるのでストレスを感じない。くわえて「いつでもどこでも見れる」が相乗効果で効いてきます。

配信ものはやれ24時間以内に見ろだの再生環境が限られるだの面倒なイメージが強いんだけど、Huluのシステムはわかりやすくそれなりにインパクトがあります。

僕の視聴環境ですが、macbookair / 古めのwindowsパソコン / iPad / iphone / PS3 といった感じで、Huluだとネットさえ繋がればこの全ての機器で見れる。PS3やiphoneには専用のアプリケーションが無料配布されているのでそれらを入れておけばなにも考えず視聴可能。映像は回線速度に合わせて自動でビットレートを変更してくれて、(手動切替も可)僕の場合最低品質はiphoneの3G回線であとは家のWifiになります。当然iphoneの回線経由だとビットレートがガクンと下がったりするけど、それでも字幕はちゃんと読めるしバッファリングで再生が止まったりも今のところナシです。(画質全自動の場合)

いつでもどこでも見れる、の例でいうと今はアグリーベティというコメディドラマを見てるところだけど、これを昨日は3話まで見て4話目の途中で見るのをやめ、次の日の朝喫茶店で朝食を取りながらiphoneで続きを見ました。これがもし映画ならこんな形で見るのはイヤなんだけど、ドラマならこのスタイルでぜんぜんOK、というかむしろ馴染む。上に挙げたようにいやなところもそれなりにあるんですけど、

「シリーズものの海外ドラマを見るにはかなり良い」

というのが決め手でしばらく続けようと思います。

映画はBDかHD配信で家のテレビで見たいので、使い分けがハッキリできました。

 

*2012/5/14追記

パソコンのブラウザで見るのと、PS3で見るのとで映画のラインナップに違いがありました。詳しくは調べてないけど例えばSONYPICTURESの映画はPS3ではリストに出てこない。。なにか事情があっての切り分けなんでしょうかね。

*2012/5/22追記

ごめんなさいPS3でも出てきました。単に配信遅れってことですかね。

配信状況とかいつ配信終了予定であるとか、その辺のアナウンスは欲しいなあ。。

 


Perfume global site project #001の作品たち

Perfumeのモーションキャプチャーデータをダウンロード配布しているPerfume global site project #001ですが色んな作品が作られていて面白いです。(perfumeグローバルサイトでは現在ポリゴンの集合体が踊っている

…量的にはどんどん増えてるみたいですがこれらは見ててなんかツボったもの。

パーティクルやラインで表現。かっこいいです。

スウィーツパフューム。ちょっと怖い…

realtime generated with Max/MSP/Jitter.とのこと。

YouTube Preview Image

オリジナル?キャラ これはカワイイ。

YouTube Preview Image

ネオン管風。

YouTube Preview Image

キレキレASIMO風

YouTube Preview Image

人数多めなMineCraft風。カメラワークもビシっと決まってる。

 

 

ムービー以外にもWEBでリアルタイムに動かしてるのとかもたくさんあって盛り上がってますね。こういうの見てるとKinectなんかと組み合わせてゲームとかの遊び目的だけじゃなく、装置にしてダンスの遠隔レッスンとかできそうな気がしてくる。それで踊りのうまい人のキャプチャーデータに高値がついたりして。

置き換えだと水とか炎とか蒸気とか布とかで作って実際に踊ってるのと合わせて写したらかっこよさそう。

 


blender 2.6.2 インストール

Mayaを使い慣れてるものの随分進化したblenderを試すべくインストールしてみた。

コンポジット部分などもノードベースで作成できるようでこのへんMayaより好みな感じもする。

プリセットでMayaの操作系を選べるが、web上の情報はデフォルトの操作系で説明されていることがほとんど。UI思想みたいなものもあるかもしれないと考えしばらくデフォルトでいじってみることにする。ただし”右クリックでの選択”これだけはキツイので変更。

あとはビューポートの操作もできればMayaライクにしたいのだけど、そこだけを変更するのにどこをいじればいいかまだよくわからない。

3Dソフトはお約束的にそのソフトならではのプリセットモデルがあったりして、LightWaveなら牛のモデル、3DMAXならティーポットだったりするんだけどblenderの場合はこの猿らしい。

なんというか猿といってもクセの強い、さすがblenderというべきなのか。